神経細胞

もし婦人科の検査で危惧していた通りエストロゲンとゲスターゲンの分泌量が基準値を下回っていてPOF(Premature Ovarian Failure)だと分かった場合は、足りていない女性ホルモンを足してあげる治療方法で改善が期待できます。
鍼を皮膚に刺す、という直接的な程よい何か所もの刺激は、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスと呼ばれている電気信号の伝達を発生させると言われています。
真正細菌の一種である結核菌は、人間がゴホゴホと「咳」をすることで内気に散布され、空中にふわふわ浮かんでいるのを他の誰かが呼吸しながら吸い込むことで感染していきます。
ヘルニアというものは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨と背骨の間に存在して緩衝材のような役割を担っている椎間板という名の柔らかくて円い形をした組織が飛び出してしまった症状のことを示しています。
UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという特徴があり、大気中に存在するオゾン層を通過する際にその一部が吸収されるものの、地表まで届いたUV-Bは肌の表皮の内側で細胞のDNA(遺伝情報)を壊してしまうなど、肌に悪い影響を与えるのです。
肥満(obesity)は勿論あくまで食生活の質や運動不足が誘因ですが、一緒の量の食事であったとしても、短時間で終了する「早食い」を日常化することによって肥満(obesity)を招く結果になります。
杉花粉症などの病状(鼻水、鼻詰まり、連発するクシャミなど)のために夜しっかり睡眠を取れないと、そのために慢性的な睡眠不足となり、次の日目覚めてからの諸活動に悪影響を与えることもあります。
チェルノブイリ原発の爆発事故に関するその後の追跡調査のデータからは、大人と比較して未成年のほうが飛来した放射能のダメージをより受けやすいことが判明しています。
AEDというのは医療資格のない人でも取り扱える医療機器で、AED本体からの音声ガイダンスの手順に従って使うことで、心室細動に対しての緊急処置の効き目を発揮してくれます。
脳卒中のクモ膜下出血は9割近くが脳動脈瘤と呼ばれる血管が変形してできる瘤(コブ)が破裂して出血してしまうことが原因となって発症する恐ろしい病気だと認識されています。
スギの花粉が飛散する季節に、まだ小さな子どもが体温は異常ないのに頻繁にクシャミをしたり鼻水が止まらないような症状だったなら、杉花粉症の可能性があります。
脳内にあるセロトニン神経は、自律神経のバランスを調節したり痛みを鎮圧し、あらゆる覚醒現象などを操っており、気分障害(うつ病)の方はその動きが弱くなっていることが科学的に証明されている。
体を撫でることなどで、入居者さんが犬のことを愛おしく思うと「絆のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌されて、ストレスを軽減したり癒しなどに繋がっています。
内臓脂肪タイプの肥満が診られ、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2個以上相当する状態のことを、メタボと名付けています。
H17年2月より新たにトクホ(特保)の入れ物に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の文章の表示が義務化している。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.