女性ホルモン

患者数が増加しているうつ病では脳内で分泌される神経伝達物質のセロトニンが足りず、憂うつ感、不眠、なかなか抜けない疲労感、食欲の低下、焦り、意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症の場合自殺企図等の症状が2週間以上続きます。
2005年(H17)年から特定保健用食品(とくていほけんようしょくひん)の容器には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の文句の明記が食品メーカーに義務付けられている。
もしも婦人科の検査で危惧していた通り女性ホルモンの量が基準値を下回っており早発閉経(POF)だと分かったら、不足している女性ホルモンを足してあげる処置で治せます。
呼吸器感染症の季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、これまでの膨大な研究結果によって、ワクチンの予防効果が見通せるのは、注射した14日後からおよそ150日程度だろうということが判明しています。
クシャミや鼻水、鼻詰まりや目のかゆみ・ゴロゴロする異物感などの花粉症の主な症状は、アレルギーの原因である花粉の飛び散っている量に追従したかのように悪くなる傾向があるということが明らかになっています。
赤ちゃんが受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、今までの生ワクチンにかわって、平成24年9月より任意接種ではなく定期接種になるので、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関でスケジュール管理の必要な個別接種の形
HIVを持った精液、血液を始め、女性の母乳や腟分泌液などの様々な体液が、交渉相手や乳飲み子などの粘膜や傷口などに触れることにより、HIVに感染する危険性が高くなってきます。
BMI(体重指数を求める式はどこの国も共通ですが、値の評価基準は国家ごとに違いがあり、(社)日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22が標準、25以上だと肥満、18.5未満であれば低体重と位置付けています。
20才代、30才代で更年期が訪れるとすれば、医学用語で表すと「早発閉経(POF)」という病気にあてはまります(日本では40歳以下の比較的若い女性が閉経する状態を「早発閉経(早期閉経)」と呼ぶのです)。
常在細菌であるブドウ球菌(staphylococcus、スタフィロコッカス)はパープルに染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒素の極めて強烈な黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus)と一方は毒力が脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2種が存在します。
UVB波は、UVA波より波長が短いという特性があるので大気中のオゾン層を通過する際に一部が吸収されるのですが、地上まで届いたUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のDNA(遺伝情報)を壊してしまうなど、肌に良くない影響を与えることになります。
いんきんたむしとは、正式には股部白癬という名称で、白癬菌というかびが陰嚢や股部、お尻などの場所に何らかの理由でうつり、定着する感染症で簡単に言うと水虫です。
吐血と喀血は血を吐くことですが、喀血とはのどから肺を通っている気道(呼吸器の一種)からの出血のことであり、吐血というのは無腸間膜小腸より上部の消化管から出血する症状を表しているのです。
肝臓をいつまでも健やかに保持するためには、肝臓の解毒する作用が衰えないようにする、言いかえれば、肝臓のアンチエイジング術を迅速に開始することが有効でしょう。
心筋梗塞というものは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の中が狭まって、血流が止まり、酸素や様々な栄養が心筋まで送られず、筋肉細胞そのものが壊滅状態になる大変恐ろしい病気です。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.